スポンサーリンク

【夢占い】寂しい|寂しいに関する夢が意味するものとは

寂しい夢は、現実の世界でも寂しい思いをしている事を表しています。

本心を打ち明ける友達がいなくて孤独感を味わっていたり、愛を語り合える恋人がいなくて切ない気持ちになっていたりと、心が悲しい気持ちになっているのかも知れません。

寂しい夢を見たらその原因を追究してみると、楽しい人生を送るためのヒントが得られるかもしれません。

スポンサーリンク

寂しいと感じる・寂しがる夢

寂しいと感じる・寂しがる夢は、あなたが現実でも孤独感を感じており、大勢の人の中で自分だけが上手く溶け込めないと思っているようです。

また、人が自分から離れていってしまう事に対する不安を表しています。

笑顔で相槌を打つなど、小さな事を積み重ねて行く事で、気にしていた人間関係の問題も解消されて行くでしょう。

片思いの相手がいる人がこの夢を見た場合、自分の存在に気付いてくれて、好感を持ってくれる日が近いと言う事を暗示しています。

すでに恋人がいる人が見た場合、相手の優しさを感じて、幸せな気持ちになれる出来事が訪れるでしょう。

寂しさを感じながら一人で食事する夢

寂しさを感じながら一人で食事する夢は、家族や恋人など、大切な人の健康を気遣い気持ちが強い事を示しています。

寂しい風景、寂しい雰囲気、寂しい場所の夢

寂しい風景、寂しい雰囲気、寂しい場所の夢は、あなたの精神的な荒涼感を表しています。

人は意識するしないに関わらず、誰でも心の底には寂しさを抱えている物です。

自分でも気づいていない感情が夢として現れ、教えてくれています。

現実感をともなった寂しい感じがする夢

現実感をともなった寂しい感じがする夢は、経済運の低下を暗示しています。

目が覚めてからも寂しい気持ちの夢

目が覚めてからも寂しい気持ちの夢は、自分の事を解ってくれる友人が欲しいと、切実な願望がある事を意味しています。

恋人や友人が欲しいと思っていたり、対人関係が上手くいっていないようです。

自分から積極的に行動するようにしましょう。

寂しい顔をした人の夢

寂しい顔をした人の夢は、あなたは自分が寂しい人になるのではないかと、どこかで恐怖心を感じているようです。

笑顔を心がける事で避けることが出来ます。

寂しい顔をした自分を見る夢

寂しい顔をした自分を見る夢は、幸せなはずなのにどこかで満足できていない自分がいるようです。

上辺だけの付き合いはやめましょう。

 

※寂しい / 夢占い結果※