スポンサーリンク

【夢占い】貧乏|貧乏の夢が意味するものとは

2018年3月9日

貧乏になる夢は、心身ともに疲れていて正しい判断ができない状態が表れています。

こんな時はたとえ周りから急かされても、性急な決断は避けましょう。

貧しい人々が数多く夢に出てくるのは、人間関係のトラブルを示唆しています。

ちょっとした事で仲間内で対立が起こりそうですので、言動には十分注意しましょう。

スポンサーリンク

財布の中にお金がなくて困ってしまう夢

財布の中にお金がなくて困ってしまう夢は、これは典型的な逆夢である事を示唆しています。

つまり、現実ではお金持ちになるであろう事を告げているのです。

今までの苦労や努力がようやく報われるタイミングだったり、一攫千金のチャンスが訪れます。

実際に貧乏になってしまう予知夢ではありませんから安心してください。

クジ運だけではなく、投資運もありそうですし、起業を考えている人にとってもチャンスが訪れるでしょう!

お金がなくて不安を感じている夢は、最終的にアテがはずれたり、収支が合わなくなってしまう事を意味します。

また一般に、夢の中のお金は、目に見えないエネルギーを表します。

吉夢の場合、いい意味でアテが外れたり、収支が合わなくなったりするでしょう。

つまり、物事を行う時に、予想していたよりも労力や気力が少なくてすみ、大いに助かったなどという事が起こる暗示といえます。

悪い意味でアテがはずれたり、収支が合わなくなったりする事を意味します。

つまり、さほど労力や気力はいらないだろうと思っていた事が、予想外に苦労の多いものであったり、最後の最後でどんでん返しを食らってあわてふためいたりする事があるかもしれません。

 

※貧乏 / 夢占い結果※