【夢占い】踏切|踏切の夢が意味するものとは

踏切の夢は、行く手を遮られる事や足を止める必要性、危険などを暗示しています。

基本的には警告を意味する場合が多い事が特徴と言えるでしょう。

踏切の警報が鳴っている夢

踏切の警報が鳴っている夢は、今正にあなたに危険が迫っている事を暗示しています。

自分自身は危険な事をしていなくても、災難は何処からやって来るか分かりません。

どんな事態に陥っても落ち着いて冷静な行動が出来るよう、普段から時間や計画にはゆとりを持つように心掛けなさいと教えてくれています。

踏切が閉まっている夢

踏切が閉まっている夢は、あなたが現在進行形で進めようとしている仕事や計画に何らかの問題がある可能性が高い事を表しています。

その問題の為に想定通りに計画が進まず、思わぬ時間を掛ける事になってしまうかもしれません。

時間をかけても問題を解決した方が良いのか、或いは計画を根本的に見直して全く違うルートを辿るべきなのか、よく考えて判断は慎重に行いなさいと警告しています。

踏切が開くのを待つ夢

踏切が開くのを待つ夢は、何らかの理由で計画や仕事で足止めを食らっている状態を表しています。

今以上に物事を先に進める為には相応の許可や申請が必要で、その可否を待っているのかもしれません。

面倒かもしれませんが物事をスムーズに進める為には必要不可欠な手間と段取りですので、もうしばらく我慢の時である事を示しています。

踏み切りが開いた夢

踏み切りが開いた夢は、問題やトラブルが解決し、物事が進展する事を意味しています。

しかし行ったと思ったらまた次の列車が来るという状態で、いつまで待っても踏切が開かない場合、物事を進める為に必要な申請が通らなかったり、許可が下りない状態を暗示しています。

現状のままではどうにもなりそうもないのなら、物事を進展させる事を認めてもらえるような方策を新たに打ち出すべきであると教えてくれています。

ギリギリ踏切を渡れた夢

ギリギリ踏切を渡れた夢は、何らかの理由で大きな決断をする機会が近付いている事を暗示しています。

その決断はもしかしたらあなたの今後の人生を大きく変えるものかもしれません。

しかしギリギリでも渡りきれたのですから、難しい決断であってもあなたが正しい選択をする事を意味しています。

グズグズと迷っている間にも踏切の警報機は鳴り出してしまうかもしれません。

迷うくらいなら一歩を踏み出して見ましょう。

ギリギリ踏切を渡れない夢

ギリギリ踏切を渡れない夢は、今は焦らず少し時を待ちなさいという警告夢になります。

仕事や勉強が忙し過ぎて、少しお疲れ気味なのかもしれません。

一生懸命なのは悪い事ではないのですが、その為に視野や考え方が狭くなっている事を示しています。

精神的なゆとりを持って物事に向き合う事で、新たな道や打開策も見えてくる事を教えてくれています。

踏切の中に閉じ込められる夢

踏切の中に閉じ込められる夢は、今正にあなたに危険が迫っている事を暗示しています。

人生を左右するような出来事に遭遇するかもしれません。

危機回避には咄嗟の判断力も必要ですし、動きべき時には思い切って行動し、即断即決を心がける事で運気が開けるでしょう。

 

※踏切 /夢占い結果※

夢キーワード

Posted by kokone


PAGE TOP