スポンサーリンク

【夢占い】狼煙(のろし)|狼煙の夢が意味するものとは

昔ながらの連絡方法の一つである狼煙(のろし)の煙が印象的だった場合、今まさに貴方が助けを必要としている状況である事を意味しています。

仕事が手一杯なのかもしれませんし、対人関係や金銭的なトラブルに巻き込まれているのかもしれません。

しかし狼煙が上がるという事は、貴方の発している救難信号を受け取ってくれる誰かが存在しているという事でもあります。

自分一人ではどうにもならないと感じたなら、同僚や上司、友人や家族に助けて欲しいとはっきり伝えてみて下さい。

そうする事で支援の手が差し伸べられ、窮地を乗り越える事が出来ると夢占いは教えてくれています。

スポンサーリンク

狼煙の夢

誰かに現状から救い出して欲しいと願う心境を表しています。

かなり原始的な通信ないし連絡方法でもある狼煙(のろし)は、現実での用途と同じく救難信号を発しています。

そのほとんどが夢を見た当人の心理状態を意味しますが、狼煙の元に見覚えのある人物が立っていたなら、その人物に何か異変が起きているかもしれません。

 

※狼煙(のろし)/夢占い結果※