スポンサーリンク

【夢占い】裁判|裁判に関する夢が意味するものとは

裁判の夢は権威や決断、宣告などをあらわします。

スポンサーリンク

裁判官になる夢

裁判官になる夢を見た場合は、他人には露見していなくても自分自身で後ろめたく思う事や、罪の意識に捕らわれるような事があるという暗示です。

或いは職務上、誰に対しても一点の曇りもないような清い生き方をしなくてはならない必要性に迫られているのかもしれません。

役人、教職員、政治家など清廉潔白さを求められる仕事は数多くあります。

後ろ指を指される事の無いよう、日々の生活からけじめを付ける必要があると示しています。

裁判を傍聴する夢

法裁判を傍聴する夢を見た場合、周囲の人の忠告や意見に真摯に耳を傾けなさいという暗示です。

自分の我をひたすら通すのではなく、他人の意見に耳を傾け、必要に応じて柔軟に対応して見せる事で物事が順調に進む事を示しています。

自分が裁判を受ける夢

自分が裁判を受ける夢で自分自身が被告人となり、当事者として裁判を受けていた場合、何らかの理由で良心が痛むような覚えが貴方にある事を暗示しています。

また上司や先生など権威のある人から強いプレッシャーを受けている事を暗示している場合もあります。

裁判に於いて自分の無実を訴えていたり、罪を犯さざるを得なかったその理由について懸命に弁明していた場合、対人運の低下を意味しています。

自分は間違っていない、悪くないという事を他人に理解して欲しいという思いの表れでもあります。

また、他人と意見が衝突し、トラブルになるという暗示でもありますので、行動や言動には十分に注意した方が良いでしょう。

裁判の為に弁護士を雇う夢

裁判の為に弁護士を雇う夢で簡単な裁判であれば、自分の弁明のみで戦うという人もいるかもしれませんが、やはり自分一人よりも、法律の専門家である弁護士を頼んで色々と助言してもらった方が有利に裁判を進める事が出来るでしょう。

裁判を有利にする為に弁護士を雇っていた場合、今の貴方が問題やトラブルにまさに直面しており、解決策を見出そうとしている事を意味しています。

しかし折角お願いした弁護士と喧嘩をしていたり揉めていた場合、夢占いでは運気が低迷する事を表しています。

トラブルや問題に巻き込まれたり、詐欺に遭うなどして時間と金銭を共に失ってしまうような事態になる可能性が高くなっていますので、注意が必要です。

裁判所の雰囲気の夢

裁判所の雰囲気を夢で見た裁判所の雰囲気はどのようなものだったでしょうか。

厳粛な雰囲気だという印象だったなら、自分がいけないと思う事はやってはいけない、きちんと良心に基づく行動をしなくてはと考えている事を意味しています。

またどことなく裁判所が威圧的、高圧的な印象だった場合、自分の行動や信念が、無理に抑圧される事を暗示しています。

弁護士になり裁判に関わる夢

弁護士になり裁判に関わる夢で自分が弁護士となって裁判に関わっていた場合、感情ではなく理論を優先して物事を解決しようとしたり、誰かを説得しようとしている事を意味しています。

弁護士となり、裁判で勝つのが難しいような面倒な仕事を受けてしまっていた場合、思いがけないトラブルや問題に巻き込まれる可能性が高くなっている事を暗示しています。

興味本位で首を突っ込むと、思わぬ怪我をしかねませんので注意が必要です。

 

※裁判 / 夢占い結果※